タグクラウド

シリコンの供給を受けられない中国の半導体メーカー 書籍:解放軍の原爆を日本に落...



シリコンの供給を受けられない中国の半導体メーカー 書籍:解放軍の原爆を日本に落...

シリコンの供給を受けられない中国の半導体メーカー 書籍:解放軍の原爆を日本に落とさせるな 著者:長谷川慶太郎、石平 P19~20 シリコンの供給を受けられない中国の半導体メーカー 長谷川 中国のエレクトロニクス産業、特に半導体メーカーに目を向けてみると、これはあまり知られていないことなのですが、半導体生産のためにもっとも重要な原材料であるシリコンをつくれるメーカーが中国内に1社も存在しません。
それでどうしているかというと、すべて日本から供給を受けているわけです。
この図式は、韓国も台湾も同じです。
そして、その半導体生産の肝となるシリコンをつくっている日本メーカーが今度の大震災で深刻なダメージを被ったのでした。
Q1 中国には、シリコンを作るメーカーが存在しないのですか? Q2 レアアースの輸入を中国に依存している日本よりも深刻ですか?

中国は半導体の技術を手に入れて どうしようとしてるんですか? 中国は次世代の半...



中国は半導体の技術を手に入れて どうしようとしてるんですか? 中国は次世代の半...

中国は半導体の技術を手に入れて どうしようとしてるんですか? 中国は次世代の半導体を狙ってます。
推理してください、 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130604/asi13060413000000-n1.htm 【新帝国時代 第4部「収奪」の構図(2)】 次世代半導体 うごめく中国企業 米国人技術者、謎に包まれた死 2013.6.4 12:50 (1/6ページ)[中国] 「命危ない気が」 シンガポールのチャイナタウンにある下級裁判所。
5月15日、3階の15号法廷では、ある米国人技術者の遺体の写真がスクリーンに映し出され、犯罪科学捜査の専門家による証言が続けられていた。
「寝室のドアの上部に留め金で黒い革ひもを固定し、白いタオルを首に巻き革ひもで首をつっている」 この技術者はシェーン・トッド(当時31歳)。
チャイナタウンに近いアパートの自宅で遺体が発見されたのは、2012年6月24日夕のことだ。
彼のパソコンからは、両親などに宛てた遺書が見つかった。
警察は遺体に外傷がなく部屋に争った痕跡もないことなどから、自殺と断定した。
だが、父親のリチャード(58)と母親のマリー(57)は、息子の死に疑問を抱く。
それは彼が生前、両親に「仕事が嫌だ。
中国企業との協力を頼まれた。
米国の安全保障を危険にさらすようで、命が危ない気がする」と打ち明けていたからだ。
「息子の死は多くの謎に包まれ、この裁判所での検視審問で死の真相を知りたい。
華為(ファーウェイ)との関係もです」 法廷の外でマリーは吐露した。
「華為」とは、米国などが安全保障を脅かす存在だとして警戒する中国の通信機器大手「華為技術」のことである。
電気工学の博士号をもつシェーンが勤務していたのは、シンガポール科学技術研究庁の傘下にあるマイクロエレクトロニクス研究所(IME)。
世界的に脚光を浴びる次世代パワー半導体の素材である窒化ガリウム(GaN)を、シリコン上で拡張する技術の研究開発に携わっていた。
GaN半導体は熱伝導率、放熱性、高周波動作に優れ、青色発光ダイオードや携帯電話などに使われている。
問題はレーダーや衛星通信など、軍事技術に転用できるところにある。
IMEのGaN研究開発の責任者、パトリック・ロー・グオチャン(49)の法廷における証言では、IMEと華為との間には契約済みのプロジェクトが5件、契約へ向け交渉中の「潜在的なプロジェクト」が1件あった。
GaN関連は交渉中のプロジェクトだけで、シェーンもこれに関与していた。
突然の交渉中止 「このプロジェクトは、GaNの拡張技術を使った増幅器を研究開発するものだった。
IMEと華為の代表が11年7月18、19の両日に

横河電機が中国でセキュア環境を実現

「One Global YOKOGAWA」をスローガンに掲げ、グローバル規模でグループ経営の強化に取り組む横河電機グループ。そのインフラとなるネットワークのグローバル一元運用には、セキュリティレベルの地域格差の解消が不可欠だった。そして、特に懸案だった中国での課題を、NTTコミュニケーションズの認証VLANが解決した。
 

課題
グローバル規模でのグループ融合によるトータルソリューションの提供に向けた、中国における情報共有の仕組みの構築

  • グローバルでの組織融合を支えるインフラとしてのネットワークの整備を、アジアの成長市場である中国で実施すること。
  • グループの基幹ネットワークへの接続に向けた、中国におけるセキュリティレベルの向上。
  • 中国のグループ会社8社の営業窓口の統合にあたり、同一のLANを利用しながら仮想的に使用するネットワークを切り分けられる仕組みを構築すること。
         マスコミでも 話題の結婚情報サービス、サンセリテ青山
 

導入効果
アジアの成長市場である中国において、日本と同レベルのICTインフラの整備を実現。欧米を含めたグローバルでのネットワーク一元運用の実現に向けた基盤に。

  • NTTコミュニケーションズの「ArcstarグローバルIP-VPNサービス」を導入し、中国の各拠点と日本とを結ぶ基幹ネットワークを構築。
  • 上海オフィスにおける「認証VLAN」の導入により、組織を超えた業務連携とセキュリティの確保を両立。中国における顧客対応力の大幅な向上を実現するとともに、グループの総合力を活かした提案が可能に。
  • 上海における「認証VLAN」の成功を受け、中国の各拠点への導入を進めることで、セキュリティレベルの格差解消にめどが。
 
 
[全文を読む]

移動体端末向け地上デジタル放送(ワンセグ)受信用モジュールを発表

村田製作所は,移動体端末向け地上デジタル放送(ワンセグ)受信用小型モジュール「SUMUDDJ シリーズ」を従来品比2分の1と大幅に小型化。10×10mm を切る業界最小サイズ 8.7×9.6 ×1.55mm で,これによりスペースの制約を受けやすい携帯電話を始めとする移動体端末へのデジタルチューナー搭載に大きく貢献できる。入力部に可変BPF(Band Pass Filter)を搭載し高い妨害波排除能力を実現。低スプリアス設計により全受信周波数範囲にわたり高感度でフラットな受信特性。受信感度-110(dBm Typ 1 セグ帯域換算値)。
企業HP : http://www.murata.co.jp/index.html
続きを読む

製造子会社深セン村田科技有限公司操業開始

村田製作所は,06 年12月1日より深圳村田科技有限公司を操業開始すると発表。特に中国の華南地域はOA 機器やコンピュータ関連機器を生産する電子機器メーカーが多く進出しており,現地での電源モジュールの需要が増加している。また最近はデジタル家電機器を生産する電子機器メーカーの投資も拡大しており,電源モジュールの需要がより一層増加してきた。


同社では,01年7月に香港村田電子有限公司を設立し,02年4 月より深圳市の現地企業に電源モジュールの生産を委託してきたが,05年6月に深圳村田科技有限公司を設立し,操業に向けて準備を進めてきた。今後は電源モジュールの生産規模を拡大させるとともに,顧客への納期,販売,技術サービスの強化を図る。

企業HP : http://www.murata.co.jp/index.html
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。